英会話業界の情報ステーション ファースフトロー英会話業界の情報源
ファーストフロー


英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿


<特訓!入門〜通訳まで、目標必達。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

| HOME | スクールを探す | スクールの選び方 | ダブルスクールで学ぶ | ニュース | コラム | 求人 |
  

がんばれ!NEWスクール(1)
MANABI.st(まなび)
 
 
1stflowから
大塚社長は、自分の留学体験を通して「コミュニケーションの英語」が使えない日本人を再認識。一念発起してmanabi.stを起業した。
入会金無しレッスン毎の支払いというシステムは、コンビニ感覚で使えて便利。
いま英会話スクールを探している人も、すでにスクールで学んでいる人も、是非一度利用してみてほしい。
− 第1回 −
海外との電話レッスンをコンビニ感覚で実現。
MANABI.st
(まなび)
MANABI.stのHPはこちら
MANABI.stの大塚社長
「英語で重要なのは発音でも文法でもなくコミュニケーションができるかどうかであり、そういう場数を多く踏むことによって自然と文法、発音が身についていくものと確信しております。実際に弊社の生徒様の多くは「英語ってそんなに難しく考えず、単語を並べるだけでも伝わるものだ」というご感想を多く寄せられております。」

  
 
アメリカ、カナダからあなたに電話がかかってくる!

料金は1レッスン1800円〜4000円以上(先生によって違う) 。しかも電話料込み!カナダから「お勉強の時間よー」(もちろん英語)なんて電話がかかってくるのは、なんとも贅沢で不思議なな感覚。携帯でも(値段は高くなるが...)OK!
 
先生の人気ランキング付き!

授業が終わると先生を評価。人気の先生が一目瞭然。これは本当に画期的!
もっとも、先生はみんなJETプログラムにより日本で英語を教えていたプロばかりだから、先生の得意な専門分野で選ぶのも賢いかも。

随時更新中!
現在のランキングは
こちら
 

フィードバックもある!

レッスン料金の中には、授業後に担当講師がくれる「レポート」も入っている。授業の要点や感想など(授業によって内容は異なる)が、メールで届く。
講師は電話レッスン時間だけ働いているのではない。
こんなまじめなシステムにも、大塚社長の熱さが伝わってくる。

Dear Taro,

It was a real pleasure speaking with you today. Your pronunciation, energy and wonderful attitude was excellent! I definitely don’t think you are a beginner at English! I was very impressed! As I mentioned on the phone, I will give you some feedback on our lesson:

You said, “Yesterday I went to shopping.”
Next time, please say, “Yesterday I went shopping.”

I asked you if you bought anything. Since you didn’t buy anything you could say, “No. I didn’t. I was just browsing.” Or you could say, “No, I was just looking.”

Your interest and study in sports sounds .......
........

Best wishes,
George

 
<スクール概要>
スクール名英会話スクール MANABI.st
住所東京都中央区八丁堀3-11-14 京新ビル401
US支社 : 300 West Main Street Charlottesville VA, 22903
電話/FAX  03-3553-8806
HP
メール

support@manabi.st

支払方法クレジットカード、銀行振込(前払い)、コンビニ振込(前払い)
入学金 なし
レッスン費用 1,800円〜
(詳しくはHPをどうぞ!
 

manabi.st 大塚社長からのメッセージ

脱“英語コンプレックス”宣言していただきます

 「LとRの違いをはっきりと発音したい、文法的に間違っているか不安」これは皆様が英語を話すときに抱えているコンプレックスの中で最も多いものではないでしょうか。これらコンプレックスの為に英語を怖くて自ら進んで話そうとしない症候群に陥っていませんか?
 私は2000年から2002年まで米国バージニア大学Darden Graduate School of Businessにて経営学修士号(MBA)取得の為2年間留学しました。そこで見たものはインド人、中国人が発音も文法もめちゃくちゃながら堂々と自分の意見を主張している姿でした。私は日本の英語教育の抱える問題点を痛感しました。日本では英語にてコミュニケーションを取るACTIVE(自発的)な教育をしておらず、どちらかといえば文法、読解などのPASSIVE(受身的)教育を中学校から大学まで行っています。このような教育を受けてしまうと実際に英語を使わなければいけない状況になったときに「LとRの違いをはっきりと発音したい、文法的に間違っているか不安」という状態に陥ってしまい、怖くて英語を話せない状況になってしまうのです。

 しかし、英語で重要なのは発音でも文法でもなくコミュニケーションができるかどうかであり、そういう場数を多く踏むことによって自然と文法、発音が身についていくものと確信しております。実際に弊社の生徒の皆様の多くは「英語ってそんなに難しく考えず、単語を並べるだけでも伝わるものだ」というご感想を多く寄せられております。

 私はよく「どうすれば英語が短時間で上達できますか?」と聞かれます。いつも決まって「それは英語圏で日本人のいないところへ数ヶ月暮らすことです」と答えます。言い換えれば英語を話さざるを得ない状況に自分をおくことが一番の英語上達方法であると考えております。しかし、多くの方々は数ヶ月もの間休みを取り、語学留学をする時間を作ることが出来ないでしょう。MANABIのサービスはまさに「英語を話さざる得ない状況に自分をおくこと」を念頭に始めました。電話によるプライベートレッスンという形態を選んだのはまさにその理由です。電話にて他言語を話すというのはBody Languageに頼ることができない為一般的に難しく、しかもレッスンは全て1対1である為、文法がどうか、発音がどうかと考えている暇がなく、効果的なコミュニケーションのトレーニングが出来るということです。先生は全て北米在住のネイティブスピーカーの為、現地の「生きた英語」を学ぶことが出来ます。とはいっても「電話でプライベートの英語レッスンは怖い」という方は多いでしょう。MANABIのサービスにはそのような抵抗感を取り除く為に様々な工夫を設けさせていただいております。

 第1点目は、先生は全て日本で2-3年実際に英語を教えたことのある人を採用しているということです。先生は文部科学省が毎年主催しておりますJETプログラム(文部科学省よりスポンサーを受け日本全国の国公立中学高校に配属、英語を教える傍ら地域との文化交流を行うプログラム)の卒業生を採用しており、日本人の英語の悪い癖などを全て把握、また大部分が日本語を理解できる為に安心して授業を受けることが出来ます。

 第2点目は先生の評価をウェブ上で完全公開していることです。MANABIは英会話業界初の生徒の皆様による先生評価を全てウェブ上にて公開しております。また、先生のプロフィールをも詳細に公開しておりますので自分の最も話しやすい先生をその先生の評価を参考にお選びいただけます。
 第3点目は授業料決定に市場原理を導入しています。先生自身が自分のレッスン料を決定する為、評判の良い先生は生徒がどんどん集まり、高めの料金設定することが出来、評価の確立していない先生は生徒集客の為、授業料を低めに設定、評判の悪い先生は弊社のシステムを退場していただく等先生をシビアに競争させます。10月14日現在、授業料は1,800円(25分間、通話料込み)からとなっております。

第4点目はより皆様にお求め易いように入会金なし、授業も一回から受講 可能というシステムを採用しております。皆様により英語を使う機会を持っていただこうとこのようにさせていただきました。
 弊社のサービスを通じて多くの日本人が抱える英語コンプレックスを取り 除いていただきたいと切に願う次第です。受身的(Passive)の英語ではなくではなく自発的(ACTIVE)な英語を!
平成14年12月17日
MANABI.st
取締役社長 大塚雅文
e-mail: masa@manabi.st


| HOME | スクールを探す | スクールの選び方 | ダブルスクールで学ぶ | ニュース | コラム | 求人 |
無断転用を禁止します
Copyright(C) 2003 1stflow. All Rights Reserved