英会話の窓口 あなたに最適な英会話との出会い応援サイト英会話業界の情報源
 ファーストフロー


英会話学校/英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿


<特訓!入門〜通訳まで、目標必達。親身の熱誠指導に一切の妥協なし>

| HOME | スクールを探す | スクールの選び方 | ダブルスクールで学ぶ | ニュース | コラム | 求人 |
  

英会話スクールをいろいろ比較してみました(1)
type1 グループレッスン ⇔ プライベートレッスン
 
大抵のスクールの場合、グループレッスンとプライベートレッスンを併用する場合が多い。ここではグループがレッスンのほとんどを占める場合と、プライベートに特化したケース分けを行う。
グループレッスン・タイププライベートレッスン・タイプ
ベルリッツ7アクト
NOVAゴーガールズ
イーオンハブコミュニケーション
リンガフォン
 
■英会話スクールにおいては、絶対的にグループレッスンが主流を占める。大手をはじめとする主要スクールは、プライベートレッスンのコース設定があるとしても全体から見たパーセンテージは低い。
 逆にプライベートレッスンを行うスクールはグループを排除する傾向が強く、せいぜいセミプライベート止まりというケースが多い。

 このことから、グループとプライベートは両立することが難しいという傾向が読み取れる。



■サービスを提示する場合に効果が高いのは、明らかにプライベートだ。消費者サイドから見れば、レッスンに対する上達度を測るときに、どう控えめに見てもプライベートが有利に映る。
 しかし、では万事プライベートが人気なのかというとそういうわけではなく、誰かいてくれた方がいいと思う生徒や、とにかくカリキュラムをこなす方がいいという顧客はグループレッスンを選ぶ。

 どちらにしても大勢はグループレッスンにあるのが現状だが、プライベートもこのところメキメキと力をつけてきている。
 今後の時代の流れを見たときに、スクールの方向性をどちらに決定するのかが重要なキーポイントとなることは間違いがない。



■マネージメント面からサービスを見た場合は、明らかにグループに軍配を上げていい。理由は簡単で、同じ時間と場所を利用するのなら、1レッスンあたりの単価を引き上げた方がいいからだ。
 しかも、1レッスン単価が引きあがれば、今度はその範囲内でディスカウントを行うことが可能となる。安易でむやみな値引きではなく、収支計算を行った上で競合他社との競争に打ち勝つために、値段でも勝負をかけて集客力を高めることが可能だ。

 一方、7アクトのように講師の自宅と時間を利用して、レッスン料を取らないという方法であれば、プライベートの良さと収益性の両方を満たすことが可能になる。
 今後の可能性としてこのようなマネージメントは取り入れるに十分値する方法だろう。このあたりはチャットが行っている。
 

| HOME | スクールを探す | スクールの選び方 | ダブルスクールで学ぶ | ニュース | コラム | 求人 |

無断転用を禁止します
Copyright(C) 2003 1stflow. All Rights Reserved

(PR)
TOEIC対策 TOEFL対策 英検対策 東京新宿